Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. エディター三尋木奈保さん|おしゃれプロのニット選びのこだわり

FASHION

2016.11.11

エディター三尋木奈保さん|おしゃれプロのニット選びのこだわり

02

おしゃれの達人のニット遍歴を私物で拝見

「歳を重ねる程、身につけるものは、なるべく永く愛せることを前提に選ぶようになってきました。ニットの選びも例外ではありません。だからか、今クローゼットに残っているニットは、“名品”と呼ばれるものが自然と集まっています。

いちばん古いものは“ジョン スメドレー”のウールのハイゲージのクルーネックカーディガン(下の写真h)。30代前半だった当時の私に、ウールのニットにも質の違いがある、上質なものは違うと教えてくれた一枚です。そのほかは、すべて“ドゥロワー”のもの。デザイン性のあるものから定番のリブニットまで、上質なカシミアが冬の間手放せなくなって。

どんなにきちんとお手入れをして保管をしても、ニットって毛羽立ったり毛玉になったりしますよね。名品ニットならそんな経年劣化も、“風合い”として味わい深く楽しめます。毎年、肌寒くなり冬の訪れを感じる度、“あのニットを活躍させよう!”と、ワクワクした気持ちになります。この先何年もその気持ちを味わえることを考えれば、早い内にニットへ投資するのがおすすめ。上質を知る、“いい毛玉”の持ち主になってください」

選び抜いた一生モノのニットがこちら

03

a「今季ヘビロテ予定の起毛ニットはカシミア100%」以下、h以外すべて〝ドゥロワー〟
b,c,d,e「定番のリブニットはちょっとずつ買い足して。いちばん活躍しているのは黒のタートル。シャツの下にレイヤードしてもいいし、首元が寂しくならないので一枚でも着映えます」
f「ざっくりニットもカジュアルすぎず上品」
g「ボーダーは色違いでもう一枚持っています」
h「ツヤのあるウールに感動した〝ジョンスメ〟

【はみ出しニットコラム】

04

幅広の引き出しにふたつ折りにして保管
「身ごろ側にそでをのばしてたたみ込み、それをふたつ折りの状態にして保管しています。この方法がいちばんシワになりにくい気がしています」

エディター 三尋木奈保さん

05

Profile
洗練シンプルな着こなしが、働く女性から厚い支持を受ける、Oggiの看板編集者。監修するアイテムは、発売と同時に完売することもしばしば。

2016年Oggi12月号「ニットはもっと素敵に着られます!」より
【本誌掲載時スタッフ 撮影/清藤直樹(静物)、大石葉子(静物)、諸田 梢(取材) スタイリスト/坂野陽子(f-me) 構成/村上花名(Oggi)】

初出:Kireide

Oggi12月号

アラウンド30歳からの働く女性に向けて、シンプルでセンスのよい、ベーシックなファッションを提案する月刊誌。トレンドを追いかけるのではなく、「着る人が素敵に見える」「本人も周りも心地よい」スタイルを追求している「Oggi」の試し読みと購入ができます。

LINEで送る

Today’s Access Ranking

ランキング

2019.06.26

人気のキーワード

PopularKeywords

編集部のおすすめ Recommended

7

JULY 2019
Oggi最新号

Feature

Узнайте про полезный интернет-сайт на тематику детские ковры https://www.3kovra.com.ua/kovry/detskie-kovry/
thailand-option.com/tips-to-start-playing-forex/