Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. 【夫婦の寝室】レスの原因にも!? ベッドは別or同じ? 夫婦の寝室の実態セキララ告白

LOVE

2018.11.02

【夫婦の寝室】レスの原因にも!? ベッドは別or同じ? 夫婦の寝室の実態セキララ告白

ベッドは同じ? 間取りは? インテリアは? 主導権はどっち?風水で決めるもあり? 実は知らない夫婦の「寝室」にまつわるあれこれ。「寝室は別」を選択した結果、レスになった実例も。

【目次】
【夫婦の寝室】同じ派?or別派? 多いのはどっち!?
【夫婦の寝室】別派の理由って?
【夫婦の寝室】寝室は別を希望! 今どき独身男子の本音
【夫婦の寝室】別が原因!? 結婚2年目でレスに悩む女性の告白

【夫婦の寝室】同じ派?or別派? 多いのはどっち!?

夫婦の寝室の実態って、なかなか周囲には聞きづらかったりしますよね。働き方が多様化している昨今、夫婦間でも生活リズムが異なる人たちもいると思いますが、実際のところ、寝室を同じにしている人と別にしている人とではどちらが多いのでしょうか…?

そこで今回、「Kireideサロン会員」(「Kireide」読者のための会員組織)の既婚者253名を対象にアンケート調査を実施しました。

■夫婦の寝室、「同じ」派が多数!

Q1.夫婦で寝室は同じですか? 結果グラフ

「夫婦で寝室は同じですか?」と聞いたところ、「はい(60%)」、「いいえ(23%)」と、寝室を一緒にしている人が多いことがわかりました。

【夫婦の寝室】別派の理由って?

それでは、寝室を別にしている人たちは、どのような理由から分けているのでしょうか?

■夫婦の寝室を別々にする理由、「生活リズムの違い」「いびき・寝相」など

Q4.なぜ寝室を別々にしていますか? 結果グラフ

夫婦の寝室を「別にしている」と回答した方へ、その理由について聞いたところ、起床時間・帰宅時間などの「生活リズムの違い(24%)」、お互いの「いびき・寝相(20%)」などの声が挙がりました。

〜寝室を別にしている理由〜
・夫が帰宅時間が遅いため、生活音で自分が目覚めないように部屋を分けている。(29歳・女性)
・二人とも寝相が悪いこともあり一緒だと疲れが取れない。(32歳・女性)
・睡眠は大切だから、別々の方がお互い寝られる。(38歳・女性)
・家族4人(子ども2人)で寝るには狭いので。(30歳・女性)
セックスしたくないから。(44歳・女性)

【夫婦の寝室】寝室は別を希望! 今どき独身男子の本音

寝室を別にしている理由として、「生活リズムの違い」や「いびき・寝相」に続いて多かったのが、「一人の時間がほしい」という声。

以前、Kireideの「独身男子リサーチ」企画で登場した新井さん(33歳 コンサル系会社勤務 ※取材当時)も、結婚したら寝室は別が良いのだとか。

新井さん

「結婚しても、寝室は分けたいタイプかも。一緒に寝るのもいいと思うんですが、ずっとべったりは多分イヤかもなぁ。」(新井さん)

もちろん、2人同じベッドで一緒に眠りにつけるのも幸せなこと。でも、仕事でも上司や同僚と顔を合わせ、家に帰ってもずっとパートナーと一緒…という生活をしていると「寝るときくらい一人でいたい」なんて感じることもあったりしますよね。

【夫婦の寝室】別が原因!? 結婚2年目でレスに悩む女性の告白

寝室を別にするとメリットもある一方、「セックスレスになりやすい」という通念があるのも事実。実際にそんな壁にぶち当たったアラサー世代のリアルな告白をご紹介。

■結婚3年2か月、Aさんの場合(34歳/専門職)
「最後に夫とセックスしたのは半年前。仲は悪くないけど寝室は別」

●夫(36歳/メーカーエンジニア)
●子供なし
●セックスの回数:結婚当初/2~3か月に1回 現在/半年に1回あるかないか
●1回の時間:結婚当初/30分 現在/30分
●満足度:不満
●セックスしたい?:あまりしたくない

夫婦
(c)Shutterstock.com

最後に夫とセックスしたのは半年前というAさん。今でも夫婦ふたりで飲みに出かけたり、仕事の相談をしたり、仲は決して悪くないけれど、寝室は別々にしている。

「最初は同じ部屋で寝ていたんですが、私の仕事柄、夜勤があったり勤務時間が不規則だったりで、寝ている彼を起こしてしまい、彼が睡眠不足気味に。健康を害しては元も子もないので、2年目から寝室を分けることにしました。でもそうしたら、彼のことがルームシェアしている親友みたいな感覚になってしまったんですよね。

もはや『いいムードって、どうやってつくるんだっけ?』というレベル。彼から誘われることもないし、自分から仕掛けるのも気恥ずかしい。そもそも、それほどセックスしたいわけでもないのに、世間の風潮に対して『セックスレスだとかうるさいなぁ、もう!』という気持ちもあります(苦笑)」

参照記事▶︎


ちなみに、昨年結婚した筆者は別々派。もともと起床時間が違うことや寝相などの理由で別にしたけれど、たとえば喧嘩をしても、別々のベッドで寝て気分を新たに朝を迎えることで、お互い冷静になれるなどのメリットもあるように思っています!

どちらかのベッドをダブルかセミダブルにしておけば、気分で変えたり週末だけ一緒に寝るという生活もできますよね♡

夫婦の寝室は、同じにするのか別にするのかどちらが正解というものはなく、それぞれのライフスタイルや考えによって、一番良い形を2人で決めていくのが理想なのかもしれません!

トップ画像/(c)Shutterstock.com

【アンケート概要】
2018年10月6日~10月26日
Kireideサロン会員(既婚者、結婚経験者)にアンケート調査
回答数253(女性249/男性4)

★アンケートにご協力くださったKireideサロン会員のみなさま、ありがとうございました★

初出:Kireide

LINEで送る

Today’s Access Ranking

ランキング

2019.04.19

人気のキーワード

PopularKeywords

編集部のおすすめ Recommended

5

MAY 2019
Oggi最新号

Oggi5月号P.17「目次」におきまして、P.134は正しくは「NATURAL BEAUTY」となります。お詫びして訂正いたします。

Oggi5月号P.49「Theoryのトートバッグ」企画おきまして、キャンペーン対象店舗に「仙台パルコ店」が入ります。お詫びして訂正いたします。

Feature