Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. 時間帯に違和感! 共働き妻が「夫の浮気に気づいた」なにげないLINE事件簿3

LOVE

2018.06.10

時間帯に違和感! 共働き妻が「夫の浮気に気づいた」なにげないLINE事件簿3

共働きをしていると、パートナーの生活は掴みにくい! ところがふとしたLINEが送られてきた“時間帯”によって、夫の浮気を見破った…! な妻たちも。そんな共働き妻のLINE事件簿を、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とするライター並木まきがお届けします。

■1:会社に到着したであろう時間帯の「おはよう」LINE(34歳女性/サロン運営)

LINEトーク

家族なのに、不可解な時間に「おはよう」などの挨拶がLINEで届くと「ん?」と感じるのが妻の心理。

自宅で「行ってらっしゃい」と挨拶を交わしたはずの夫から、会社に着いたであろう時間帯に『おはよう』が送られてきて、ピン! ときたのだそう。

「普段、会社に着いても報告LINEなんて送ってきたことはないし、出社してから妻に『おはよう』だなんて、どう考えてもおかしいじゃないですか!?

ちょっと泳がせて『“おはよう”だなんて、どうしたの?』と返したら『朝、言いそびれたから』と返ってきましたが、その言い訳自体が不自然すぎますよね。

おそらく、浮気相手に「おはよう」を送るのが、彼らがLINEをしあうサインになっていたんじゃないかと思っています。後日、調査会社を使ったら、まんまとクロでした」

とのこと。

「おはよう」は自宅でしているはずの挨拶だけに、これは確かに不自然すぎる…!

■2:帰ってくるはずのない時間帯の「あと5分だよ」LINE(29歳女性/事務)

LINEトーク

普段からマメに連絡を取り合っていたとしても、矛盾があるLINEを受信した時点で「ん?」となる妻も多いです。

「休日にゴルフに行っていたはずの夫から『あと5分だよ』って、LINEがいきなり届いたんです。

最初は、何が“あと5分”なんだろうって不思議だったんですけど、途中でピンときました。ゴルフだと嘘をついて、浮気相手と待ち合わせしているんだろうって。

反応を見たくて『何が?』って入れたら、未読無視が続いたあと『ティーショット』って返ってきましたが、明らかにおかしいですよね? 帰宅後、問い詰めたら、女と会っていたのを白状しました」

とのことでした。

最初に送っている内容も不自然ながら、そのあとの言い訳も不自然! 浮気を隠したい夫にすれば、苦肉の策だったのでしょうか…。

■3:帰宅時間よりかなり早い「何か買っていくものある?」LINE(35歳女性/派遣)

LINEトーク

帰宅途中の夫が、ついでの買い物を申し出てくれるのは珍しくなくとも、その時間帯が通常と異なると違和感が!

「いつも帰ってくる時間よりも2時間ほど早めに、夫から『何か買っていくものある?』って届いたんです。“女の直感”ってやつでしょうか、『何かが変』って感じたので『今日は早いね』って返したんですが、そのまま未読無視。

いつも“これから帰る”LINEが届く頃になって『今日は早めに送ってみた!』って届いたんですが、違和感が拭えず…。

そのLINEをキッカケに浮気チェックを始めたら、やっぱりそうでした。後日、浮気が発覚したときに問いただしたら、毎日仕事を終えてから女の家に寄って、その後で帰宅していたみたいです」とのことでした。

ルーティンになっている内容でも、不可解な時間帯に届くと違和感がある! 夫は単に送信先を間違えただけでも、妻は鋭いのです♡


一見すると怪しくないLINEでも、送られてくる時間帯によって違和感を覚えるものってあります。女の直感は鋭い!

こ、これは、ぜったい浮気してる!
(c)Shutterstock.com

初出:Kireide

並木まき

ライター・時短美容家。シドニー育ちの東京都出身。28歳から市川市議会議員を2期務め政治家を引退。数多くの人生相談に携わった経験や20代から見てきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様を活かし、Webメディアなどに執筆。

LINEで送る

Today’s Access Ranking

ランキング

2019.04.20

人気のキーワード

PopularKeywords

編集部のおすすめ Recommended

5

MAY 2019
Oggi最新号

Oggi5月号P.17「目次」におきまして、P.134は正しくは「NATURAL BEAUTY」となります。お詫びして訂正いたします。

Oggi5月号P.49「Theoryのトートバッグ」企画おきまして、キャンペーン対象店舗に「仙台パルコ店」が入ります。お詫びして訂正いたします。

Feature

babyforyou.org

сурогатне материнство в україні