Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. 田中みな実の美乳。大きなおっぱいはなぜコンプレックス?

BEAUTY

2017.09.22

田中みな実の美乳。大きなおっぱいはなぜコンプレックス?

フリーアナウンサーの田中みな実が、年に1度の恒例企画となっている女性週刊誌『anan』(マガジンハウス)の美乳特集に登場し、持ち前の美乳を大胆にあらわにする上半身ヌードに挑戦した。発売から2日経った9月15日現在、売れ行きは好調で、都内の書店では完売店も続出、大手ネット通販のAmazonではベストセラー1位を獲得している。

田中みな実30代の決断、その背景は?

大きい胸がコンプレックスで、局アナ時代はもちろん、最近まで極力隠していたという田中が挑んだ初のセミヌードグラビアは8ページにも及ぶインタビューでは、30歳になったことをきっかけにパーソナルトレーニングを始め、自信がなかった胸への意識も変わってきたことを語っている。

「隠してもつぶしても自分の胸。それならキレイに見せたほうがいい」と思い直し、胸の手入れを始めそうだ。

そもそも、
巨乳女子はなぜ「大きなおっぱいがコンプレックス」と言うのか?

バスト
(c)Shutterstock.com

過去に『anan』の美乳強化塾に登場したモデルの泉里香は、「おっぱいが大きすぎると服がキレイに見えないこともあるし、太って見えたりもする」と語っている。

同号に登場した元フィギュアスケート選手の浅田舞も、選手時代にストレスで太ってしまった時、「胸も大きくなり、競技にも邪魔でイヤだったので、サラシを巻いて胸を潰して試合に出た」と明かしている。

今回の田中アナも「贅沢だと言われるかもしれないけど、私は胸が大きくてよかったと思ったことはありません」と、巨乳であるがゆえの悩みを打ち明けている。

ネットでも「巨乳」と検索すれば「流行の服が似合わない」「お洒落が楽しくない」「バカっぽくみられる」など、巨乳女子ならではのあるある悩みは多い。

田中みな実が手に入れたいアラフォーへの花道

バスト2
(c)Shutterstock.com

田中アナの今回の大胆な決断の背景には、過去のぶりっ子キャラや自虐キャラで、「嫌いな女子アナランキング」(週刊文春)で、2位にランクインしてしまった過去がある。

今年31歳になる田中アナ。現在は、「有吉ジャポン」「ジョブチューン アノ職業のヒミツぶっちゃけます!」(ともにTBS系)のほか、「ひるキュン!」(TOKYO MX)では平日の生放送帯番組も担当するなど、フリーアナウンサーが飽和状態と言われるなか、そこそこ健闘しているグループにはいるものの、男性票が獲得しづらくなる30代後半を迎える前に、多くの女性からの支持を獲得しておきたいという狙いもありそうだ。

女子アナ戦国時代と言われる昨今。おっぱい磨きに留まらず、アラフォー女子としての知性と品位にも磨きをかけ、巨乳女子の永遠の悩み「バカッぽくみられる」イメージを払拭してもらいたい。

※画像はすべてイメージです。

初出:Kireide

ホサカヒロミ

編集プロダクション、出版社を経てフリーに。紙・Webを中心に、タレントのインタビューや女性のライフスタイルの記事を執筆。曾祖父は政治の裏側をユニークに描く作風で知られる元衆議院議員で作家の伊藤痴遊。

LINEで送る

Today’s Access Ranking

ランキング

2019.06.25

人気のキーワード

PopularKeywords

編集部のおすすめ Recommended

7

JULY 2019
Oggi最新号

Feature

aboutviagra.info

www.karter-kiev.net